子どもの病気で休み

先日のことです。保育園に通う3歳の娘が“パパ、ここ(左の耳の下)が痛い”と言ってきました。赤みも腫れもなかったので受け流しいました。

 

翌日の日曜日にも同じように左の耳の下が痛いと言っていましたが、薬が好きで欲しいものだと思っていました。

 

しかし、月曜日の朝になってもまだ同じように痛みを訴えてきました。腫れはなかったのですが、さすがにここまで同じことを言い続けることはなかったので心配になり小児科を受診しました。そこで、問診の段階で個室に通されました。

 

診察の結果、流行性耳下腺炎と診断されました。流行性耳下腺炎は小児の内に罹患しておいたほうがいいと医師から言われ問題はなかったのですが、ここで問題がひとつ生じました。

 

流行性耳下腺炎は感染症扱いで保育園には行けないということでした。私たち夫婦は共働きなので、どちらかが子守りをする必要がでました。

 

お互いの職場に連絡して上手いこと二人の公休を移動することでやりくりしましたが、こども相手ではなにがあるかわからないことを痛感しました。お互いの職場に無理言って公休を動かしたのですが、流行性耳下腺炎と診断を受けて4日目に腫れと熱がひどくなりました。

 

翌日小児科を再診したところ保育園にはあと5日通園できないと言われました。背に腹はかえられないとまたお互いに職場の連絡して有給をもらえましたが、かなり嫌味を言われとても不愉快な思いをしました。
しかし、子供に罪はなく病気にかかっているか弱い幼児の為にグッと我慢できました。共働きで子育てをするには色々と問題が雨具りますが、協力できる夫婦関係を維持して楽しく子育てしたいと再確認しました。